上がったり下がったり

初歩的なミスを考える > 地域 > 上がったり下がったり

上がったり下がったり

「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨をトレードして差益を生む取引です。

 

売買の価格は、上がったり下がったりします。

 

それが為替市場です。

 

テレビのニュースをみているとドルやユーロのレートの話題が流れます。

 

よく見るのが「現在のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという事を示しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを示しています。

 

言い換えると、買値と売値の2つの値段があるという事です。

 

売値のことをBID、買値のことをASKと表しているFX取引会社もあります。

 

普通は買値よりも売値のほうが小さく決められています。

 

投資家が買うときには高く、売るときには安くなります。

 

その差額をスプレッドといいFX会社の収益の一部になっています。

 

スプレッドの広さは取引会社によって変化します。

 

スプレッドの広さは自分自身にとって負担になるので狭い取引業者を選んだほうが有益です。

 

ただし、同じFX会社でも状況によってスプレッドの差は変わります。

 

例としていつもは円とドルの通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの幅であっても、レートの変動がかなり激しい状況では1銭よりも大きくなる事があります。

 

そのため、スプレッドが低いのと同じく変化しないのが肝心です。

 

現在では固定でスプレッド幅を表示する業者も数多くあります。

 

リアルにFX取引会社の売買画面の中で実際のレートを確認しなければ評価できないので面倒くさいですが必要な事です。

 

多額の投資資金を使って売り買いをするのですから本物の注文の前に魅力的に思えた会社の新しい口座開設を全部して、表示されているスプレッドの幅を確かめましょう。

 

同じ通貨のペアでも、その瞬間の為替相場のボラティリティによって、通貨のスプレッドの狭さは異なる場合があります。

 

通常、インターバンクで取引量の多くて、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの幅が狭くそれ以外の外貨ではスプレッドの広さが拡大するのが普通です。

 



関連記事

  1. 上がったり下がったり
  2. テスト